Power BIレポートの表現力をアップするためのコツ

  • 「Power BIレポートの表現力をアップするためのコツ 」 :カスタマビジュアルを使いましょう (2021年12月)

    初めに PowerBIツールでレポートを作っていると、業務要件に応じて「こういうことを表現したい!」けど、「PowerBIのデフォルト機能でできる表現が限られていて実現できない」ということはありませんか?その場合、まずは使えるカスタムビジュアルがないか、MicrosftのビジュアルMarketPlaceから探します。 見つからない場合、要件的に妥協できなければカスタムビジュアルの自作も検...

  • 「Power BIレポートの表現力をアップするためのコツ 」 :PowerBIカスタムビジュアル作成 (2021年12月)

    初めに 前回、「Enhanced Scatter」というカスタムビジュアルを利用し、架空製造工場で設備を配置するフロアマップを作成してみました。 今回の記事では、よりユーザーインタフェース優れて、より使いやすいフロアマップを、「Enhanced Scatter」を拡張してカスタムビジュアルの作成で実現しに行きたいと思います。 ※前回の記事はまだご覧にならなかったら方は、こちら『いくつか有...

  • 「Power BIレポートの表現力をアップするためのコツ 」 :PowerBI有用な新機能のご紹介 (2021年12月)

    初めに 2021年に入ってから、MS社がPowerBIに関していくつかの新機能を公開しました。その中に、個人的には下記の二つ新機能が魅力的ですが、意外に知らなかった方が多いので、サンプルを挙げて紹介させていただきたいと思います。 ■スモール マルチプル ■カードのドリルスルー   新機能の概要説明 スモール マルチプル(小さな多数分け) 一つのビジュアルを、カテゴリー項目を指定する...

  • 東悟コンサルティング株式会社

      東悟コンサルティング株式会社 中国大手教育機構の日本法人から技術者オンサイトサービスの基盤を受け継ぎ、日本におけるITの開発経験が豊富な技術者を抱えており、開発クオリティーを保ちながら、コストパフォーマンスを最大限に活かし、数多くのお客様のご期待に応えております。さらに、社内で少数精鋭の開発体制が構築しており、IoTやAIなどの先端技術を中心に、実験実証からサービス化そして運用...